守山を思う

守山区は名古屋市内で3番目に人口の多い区となり、区画整理事業の進捗によって今後もまだまだ伸びていく地域です。
そして少子高齢化といわれる時代において、子どもがどんどん増えているありがたい地域であり、最も多い年齢層は私と同世代の30~40歳代です。
それゆえ「高齢者から子どもまで」しっかり行き届く政策を実現していかなければなりません。
小川としゆきは敬老パスの私鉄利用による健康増進、安心できる医療体制の充実、子育てしやすい環境づくり、安全な通学路の確保など、スピード感を持って多くの課題を解決していく自信があります。
「生まれ育った守山区を想う気持ちは誰にも負けない」という強い意志を持ってこれからも活動していきます。